「今伝えたい 食ものがたり」のご紹介 食育

「食」という字は人に良いと書きます。
根本悦子先生が、日頃から食育をとなえ料理教室において指導されている料理は、地産地消の食材を使用し又、旬の食材の持っている力を生かしたもので、美味しく安全で健康につながる家庭の幸せを考えたものです。
私はこの本から食卓のヒントを発見してもらいたいと思っています。

(書籍の帯の言葉より)

─ 学校法人服部学園 服部栄養専門学校 理事長・校長 医学博士 服部幸應


節句や行事と共に語られる「食の知恵とものがたり」 食育

本の画像

伝統的な日本人の食生活には、きわめて豊かな食の知恵があります。 四季を大切にする心、旬を大事にする感覚、五節句にこめられた真心…、 そういったことを振り返ることは、私たちが食生活を見直すにあたって、 たくさんのヒントを与えてくれるでしょう。

─ はしがきより

目次の抜粋

  • 単行本(98ページ)・B5版
  • サイズ: 26cm×19cm
  • 出版社: 芽ばえ社
  • ISBN-10: 4895792951
  • ISBN-13: 978-4895792950

ページのトップへ戻る

本のご注文方法

Amazonで購入する

送料無料でAmazon.co.jpから購入できます。下記リンクからどうぞ。

→「今伝えたい 食ものがたり」をAmazonで注文する

直接、スクールに注文する (ひたちなか本校)

お電話・ファックスにて、お申込ください。郵送料・代引料はご負担願います。

書籍購入申込書(PDF・53KB)はこちらを印刷してお使いください。


ご連絡・ご注文先
  • お電話番号: 029-274-2644
  • ファックス: 029-274-2683
郵送料について

郵送料はご負担願います。書籍価格2,100円に下記費用を加算してご請求させていただきます。

  • 送料=1冊:290円(2冊:340円/3冊〜5冊:450円)
  • 代金引換引料=250円(全国均一)
お近くの書店に注文する

ご注文の際には、以下の点を書店様にお伝えしていただくと円滑にご注文できます。

  • 出版社: 芽ばえ社
  • ISBN-10: 4895792951
  • ISBN-13: 978-4895792950

ページのトップへ戻る

目次の抜粋

 

1章 五節句から学ぶ食べ方の知恵

  • 1月─おせち料理で疲労回復
  • 2月─節分で体の中の鬼退治
  • 3月─桃の節句に筋肉機能アップ
  • 4月─旬の筍で細胞いきいき
  • 5月─端午の節句で美肌づくり
  • 6月─梅干しパワーで体をアルカリ性に
  • 7月─夏のほおずき市の秘密
  • 8月─夏野菜と冬瓜で体温調節
  • 9月─秋の恵みの新米とビタミンB1
  • 10月─「柿と牡蠣」で冬支度
  • 11月─れんこんで風邪予防
  • 12月─けんちんそばで体の大掃除

ページのトップへ戻る

第2章 旬の料理控え帳

春・夏・秋・冬…と、季節の旬材を使ったお料理の「控え帳」です。

「控え帳」とは「レシピ」のこと。

先人の知恵と日本の食文化の伝統をを盛り込んだお料理の紹介には、この「控え帳」という呼び方がぴったりです。古きよきものだけでなく、新しい食材を使ったお料理もカラー写真を取り混ぜてご紹介しています。

ページのトップへ戻る

著者紹介

根本 悦子 (ねもと えつこ)

茨城県保健所(現保健センター)栄養士、乳業メーカー栄養士を経て、1978年にクッキングスクールネモトを立ち上げ、以後料理教室を運営。茨城県内に、ひたちなか本校と土浦校を持つ。

平成3年より食育をとなえ講演活動を開始し、県内外の学校、自治体、病院、保健センター、企業等を中心に講演を行う。

保健所で活動しはじめた頃より、「地元に根付いた古来の食文化」が失われることへの危機感を持ちはじめ、それ以来、日本の食文化の歴史や伝統、食べものと身体の関係をテーマに研究を進め、食に対する独自の考え方を開拓している。

詳細プロフィール

ページのトップへ戻る